メイン画像

仕事をするうえで正規の社員として勤務する長所は何でしょう

仕事をするうえで、正規の社員として勤務する長所は何でしょう。まず思い浮かぶのは、厚生年金や社会保険料の支払いに関して会社が補助する点ですよね。フリーランスや自営業ならば年金も社会保険料も全額を自己負担しなければなりません。
それなのにもらえる額は正規採用の人より少なくなります。加えて、賞与金や財形貯蓄、退職金や企業年金などががあることを考えると、経済的に考えて正規雇用で仕事する方がたくさん長所があると思います。

現在の正規採用の方法を今よりおおざっぱにしてやりやすくしたいとするのが仕事の規制緩和です。この規制緩和が実施されると、長時間労働、非正規雇用の拡大、ワーキングプア(貧困)層の増大指摘されます。そして、従来の雇用形態が消えることで、職場での人間関係の悪化が心配されます。
労働のセキュリティが維持されなくなるのではないかと危ぶむ声も上がっているようです。規制緩和で生じる低い所得や長時間勤務でニッポンの経済が長引くデフレから脱出できないようになってしまわないか心配でなりません。

雇用の形態とは会社と労働者が交わした仕事の契約の種別を分けたものです。大まかに分けると正規社員・契約社員・派遣社員・パート社員・アルバイトがあげられます。正規採用が年金や保険の面で見てはるかに厚遇されると思われますが、最近は、アルバイトと言っても働く時間数で保険などに加入可能な時もあり、どれを選べば最もいいか一概には言えません。
自分の今の環境やこの先のこと、仕事内容などによってどの形が適しているか人それぞれです。

現在の正規採用の方法を今よりおおざっぱにしてやりやすくしたいとするのが仕事の規制緩和です。この規制緩和が実施されると、長時間労働、非正規雇用の拡大、ワーキングプア(貧困)層の増大指摘されます。そして、従来の雇用形態が消えることで、職場での人間関係の悪化が心配されます。労働のセキュリティが維持されなくなるのではないかと危ぶむ声も上がっているようです。規制緩和で生じる低い所得や長時間勤務でニッポンの経済が長引くデフレから脱出できないようになってしまわないか心配でなりません。

雇用の形態とは会社と労働者が交わした仕事の契約の種別を分けたものです。大まかに分けると正規社員・契約社員・派遣社員・パート社員・アルバイトがあげられます。正規採用が年金や保険の面で見てはるかに厚遇されると思われますが、最近は、アルバイトと言っても働く時間数で保険などに加入可能な時もあり、どれを選べば最もいいか一概には言えません。自分の今の環境やこの先のこと、仕事内容などによってどの形が適しているか人それぞれです。